ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2008/11/16 (Sun) 人外ですから
2008/11/02 (Sun) おひさすぶり!!
2008/07/29 (Tue) 夏休みに
2008/05/10 (Sat) 市立の文化祭~
2008/02/17 (Sun) 今!!
2008/02/15 (Fri) クッキー☆
2008/02/01 (Fri) さむいねむいしにそ

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


むか~し昔、あるところに仲の良い老夫婦が貧しいながらも平穏無事な暮らしをしておりました。

ある日、いつものように、お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川へ洗濯をしにそれぞれ出かけていきました。

お爺さんが山で仕事をしていると、遠くの空から、

「うわぁああぁあ!!」

という叫び声がかすかに聞こえました。
しかし、呑気なお爺さんは、
「今日は変わった鳥が鳴いとるのう」
と呟いたきり、特に気にもかけませんでした。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


一方、川で洗濯をしていたお婆さんは、今日の夕飯の献立を考えながら、ぼーっと川を見つめていました。
手には洗いかけの洗濯物が一枚、半分川に流されている状態でユラユラしていました。
このお婆さんは一つの事を集中して考えると、他の事にあまり意識がいかない人のようです。

と、そこへ川上の方から紫の物体が流れて来るのが見えました。
その紫の物体は、色といい、形といい、ツヤといい、茄子にとてもそっくりでした。

 
──大きさ以外は。


遠くから見ても明らかに、その紫の物体は茄子にしては大き過ぎました。
しかし、形や色ツヤは確かに茄子です。
その巨大な茄子は、丁度お婆さんが洗濯をしていた所の横にある水草たちに引っ掛かって止まりました。
普通、川から茄子が流れてくる訳がありません。

しかも超特大サイズ。

しかし、そのような事に意識が回らなかったお婆さんは、
(茄子…。茄子の煮物でもつくろうかねぇ…)
と、既に調理方法を考えています。

食べる気満々です。

お爺さん同様呑気なお婆さんは、巨大茄子を微塵も怪しまず、手にしていた洗濯物を横に置き、水草へ近付き、本日の夕飯の材料を無事確保しました。

「よっこいしょ」

持ち上げてよくよく見れば、その茄子は幼児ほどの大きさです。

「ちと大きいねぇ…」

いや、“ちと”ではありませんよ?
とても大きいですよ?
ってか、普通怪しがって持ち帰ろうとはしませんよ!?

しかし、
「これなら、二、三日はご飯のおかずに困らなくてすむねぇ」

……………………。

…ということで、結局お婆さんはその巨大な茄子を持ち帰ることにしました。
食料をタダで手に入れることができたお婆さんは上機嫌です。

「爺さんもきっと喜ぶねぇ」

お婆さんはその巨大な茄子を抱えて家に帰りました。


…もちろん、その時のお婆さんは、洗濯物に意識を全く向けていません。
川のほとりにぽつんと残された洗濯物たちは、洗いかけのまま、数時間そこにとどまる他ありませんでした。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

つづく。


スポンサーサイト

ねえねえ、バニラアイスに納豆混ぜて食べたら、

トルコ風アイスになるんだって

ほんとかねえ、プリンにしょう油かけたらウニ味になるってのと

同じくらい信憑性が期待できないシロモノな気もしますが。。。!

そういえばこないだフードデザインの調理実習のとき、

「赤飯」と「なすの田楽」と「ようかん」と「茶碗蒸し」を作ったんだけど、

MARIは濃い味がすきなため、本来黄色いはずの茶碗蒸しがこげ茶色なるまで味付けをしてしまいました。

あともうひとつ発見があったんだけど、

「赤飯」に「田楽の味噌」をつけて食うと意外とイケルよ!
五平餅の感覚。お勧め度★★★★★

「ようかん」につけてたべてもGOODだよ!
新しいぃ世界の共演。
でもグループの子に「生ごみを捨てた時の味がする」
って言われたからお勧め度★

フードの時間はいつも爆笑さ…


さて、そろそろトリップしますかね。

異世界トリップバトン

目が覚めるとそこは?

>>アンパンマンの世界

きゃっほーう!!!

貴方には不思議な力が備わっていました。その能力は?

>>アンパンマンの飛んでった頭を見つける能力

何処からどう見ても不振人物な貴方は、 その世界の最高責任者と面会する事に。どうします?

>>パンがヒーローとかおかしくないですか?
 アンパンマン以外はパン変えてないのに何故かびないんですか?
 等質問攻めに。  


何とか受け入れて貰えましたが宿がありません。誰の家に泊まりますか?

>>ちーず。(犬小屋かよ♡)

貴方がこの世界で必ずやりたい事は?

>>アンパンマンの顔にエルボー

貴方は元の世界に戻れる事になりました。どうしますか?

>>パンのヒーロー達の顔を手土産に。
 かびがはえてるかもね 

おかえりなさい。次の人をどの世界にトリップさせますか

肉の世界(え)
まあ自分の好きな世界に変えてトリップするのも楽しいでしょう。


…私なんかアンパンマンにうらみとかあったっけ?

まあいいや。アンパンマンが好きな人もキライな人も、

最後に右上のランキングの方、
どうかポッチリしていってあげてくださいませ(´∀`)

ほいでは~ノシ


仕事を終えたお爺さんは、お腹を空かせて家に帰ってきました。
いつもどおり、

「只今帰ったでのぅ」

と言って玄関の戸を開けました。
次の瞬間、目の前に広がる光景は、お爺さんに戦慄を走らせました。



なんと、お婆さんが出刃包丁を片手に家の中を走り回っているではありませんか。


 
どたどたどたどた


左から右へ。

 

どたどたどたどた…


右から左へ。


 
「……………。」

お爺さんは口を半開きにしたまま固まっています。

こういう場合、一体どうすれば良いのでしょう。
いくら長年生きてきたお爺さんでも、このような経験をしたことがありません。


当たり前ですが。


 
取り敢えず、お爺さんは今この状況を理解することに努めました。

落ち着いてよくよく見ると、お婆さんは茄子に似た紫の巨大な物体を追いかけ回しています。


しかし、常識から言って、茄子が動き回る筈も、あんなに大きい筈もありません。

(儂の目ももう駄目になったのかのぅ…?)

試しに、お爺さんは目を擦ったり、瞬きを繰り返して見ましたが、一向に状況は変化しませんでした。
視力のせいではなさそうです。

 

とにかく、お婆さんを止めなければなりません。
このままでは、家に入った途端にお婆さんの振り回す包丁の餌食になること請け合いです。

お爺さんは勇気を出し、

「ば…婆さん…?」

と小さく呼び掛けましたが、お婆さんの反応はありません。
相変わらず巨大な紫の物体を追いかけ回しています。

気を取り直して。

「ばっ…婆さん!!」

今度はかなり大きな声で呼び掛けました。

すると、その声に気付いたらしく、お婆さんは包丁を振り上げたまま、はた、と動きを止めました。
そして、お婆さんは首だけを戸口の方へ向け、お爺さんの存在を確認しました。



「………………。」

「………………。」





二人に少しの間だけ沈黙の時間が流れました。


数秒間後、お婆さんは包丁をゆっくり下ろしながら小さな声で言いました。
 





「お、お帰りなさいまし…。」
 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
つづく。



お爺さんはお婆さんから一体何があったのかを聞きました。
 

――――――数時間前――――――

川で拾った巨大茄子を家に持ち帰った後、洗濯物を川岸に忘れて来た事を(やっと)思い出したお婆さんは、一旦家の土間の横に巨大茄子を置き、再び川へ行きました。

そして、洗濯物を持ち帰り、早速夕ご飯を作ろうとしたところ、土間に置いてあった筈の巨大茄子が見あたらなくなっていました。

不思議に思ったお婆さんが家の中を見渡すと、居間のはしっこに茄子は転がっていました。

何故居間にあるのかはよく判りませんでしたが、お婆さんはきっと自分の勘違いだろうと考えながら、巨大茄子に手を伸ばしました。

 

ごろん。


すかっ…
 
 


「…………………?」
 
 

丁度巨大茄子が横に転がった為、それをを掴む筈のお婆さんの手は、見事に空を切りました。
 


少~し、



イラッ



としながらも、お婆さんはもう一度巨大茄子に手を伸ばしました。

しかし、

 
 
ごろん。


すかっ…



 
「…………………!!」




再び巨大茄子が横へ転がり、お婆さんの手は空を切りました。

 

かな~り、



イラッ



としたお婆さんは、一旦土間へ行き、出刃包丁を持って居間に帰ってきました。



人間、お腹が空くと機嫌が悪くなりやすいものです。



包丁を右手に持ち、巨大茄子の前に仁王立ちするお婆さん。

顔つきはまるで般若です。

 
狙いを巨大茄子に定め、お婆さんは包丁を振り下ろしました。




人間、キレると何をするかわからないのです。



 

お婆さんの振り下ろした出刃包丁は真っ直ぐ――――――

 

ごろん。


ざくっ 





――――――居間の畳に刺さりました。

 

「…………………!!!!」


 
明らかに、その巨大茄子は包丁を避け、自分で動いています。

普通、ここで異変を感じるものです。


…が、しかし、お婆さんはその時普通の状態ではありませんでした。



極度の空腹による思考回路の異常です。



まぁ、普段から、多くのことに意識が回らない人でもありましたが。



つまり、お婆さんは、巨大茄子を使って夕食を作ることしか頭の中になかったのです。


お婆さんは巨大茄子をなんとしてもぶった切ろうとして、出刃包丁を振り下ろし続けました。

 
がこっ

がこざくっ

 


巨大茄子はその見かけによらない俊敏さで、お婆さんの包丁での襲撃を避け続けました。
 


その追いかけっこはずっと続き、結局、お爺さんが帰って来るまで巨大茄子とお婆さんが走り回っていました。

 

――――――そして、今に至る――――――
 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

つづく。



お爺さんはお婆さんの話を一通り聞いたあと、家の中を見回しました。


畳はズタズタ。
壁はボロボロ。



物という物がぐちゃぐちゃに散乱している部屋の隅では、(動くらしい)巨大茄子が静かに転がっています。

 
お爺さんのまいほーむは、まるで盗賊か何かに襲われたかのような状態になっていました。

いや、盗賊でもここまで荒らしはしないでしょう。


予想ガイな事が多過ぎて、お爺さんの脳の機能はほぼ停止しました。

「………………」

放心状態のお爺さんに向かって、お婆さんはおもむろに言いました。

「……。爺さん、あれ、どうするかねぇ?」

その言葉で少し我に返ったお爺さんは、お婆さんの手元を見ました。
お婆さんの指は巨大茄子を指差しています。


「…。あれ、動くんじゃろう?」

「えぇ。すばしっこいのなんのって」

「ばかに大きいのぅ…」

「食べ応えがありそうですよねぇ」
何故か誇らしげなお婆さん。

「…………………」
その横でゲンナリするお爺さん。


(あんな変な物は早く捨ててしまいたいのぅ…)

お爺さんからすれば、巨大茄子が妖怪か何かに見えて仕方が無いのです。
いたって普通の反応です。

(じゃが、せっかく婆さんが拾ってきたしのぅ…)

と、優しいお爺さん。
お婆さんの事をちゃんと考えています。

きっと今までもこのような流れでお爺さんはお婆さんに尻に敷かれてきたのでしょう…


黙り込んだままのお爺さんに対して何も気にせず、お婆さんは話を続けました。
「お爺さん」

「なんじゃ?」


「茄子はやっぱり煮物ですかねぇ?」


「…。………!?」


そっち!?
調理方法を聞いてたのか!?


お爺さんは驚きました。

やはり、お婆さんの頭の中には“夕食を作る事”しか無かったのです。
未だに。


何かが激しく間違っている気がしましたが、かといって何を言う事も出来ないお爺さんでした。


お爺さんの沈黙を(何故か)肯定と受け取ったお婆さんは、再び出刃包丁を握り締め、巨大茄子ににじり寄っていきました。


その姿は、まるで戦場の最前線へと赴く生き残った兵士のようです。

その雰囲気に圧倒されたお爺さんは、やはり見守ることしか出来ませんでした。


たとえ、お婆さんが茄子に飛び掛かる勢いが半端では無かったとしても。

たとえ、巨大茄子が本当に自分で動き、逃げ出したとしても。



お爺さんにはもう驚く体力も残っていませんでした。

 

数分後、誇らしげな顔のお婆さんの左手には、ヘタを掴まれた巨大茄子がぶら下がっていたのでした。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


つづく。




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美部ろぐ!!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。